SNS系宿泊予約サイト『relux』ってどんなサイト?

reluxSS001

皆さんはfacebookやtwitterなどのSNSは利用していますか?

利用されている方ならSNS内で表示される広告で、この『relux(リラックス)』というキーワードを目にしたことあるかも知れません。

私自身もここ最近よく見かけます。

この『relux』ですが、実は宿泊予約サイトの名前なのです。



今日は『relux』について書きたいと思います。

■2017/2/11 追記 

現在、プレミアムフライデーにちなんで初回10%割引クーポンが配布されています!
プレミアムフライデー10%OFFクーポンゲットはこちら!

予約期限2/24まで / 宿泊対象期間2/27まで。

加えて春の先取り最大30%OFFクーポンも絶賛配布中!

私は2等で10%割引クーポンでしたけど…
春の先取り最大30%OFFクーポンゲットはこちら!

クーポン獲得期限2/18まで

宿泊予約サイト『relux』とは?

現在、急成長中の宿泊予約サイト

2013年4月から宿泊予約サイトとしてサービスを開始。

株式会社Loco Partnersが運営し、一流旅館・ホテルを厳選した宿泊予約サービスで、現在の会員数はわずか3年半で50万人超と急成長中の宿泊予約サイトです。(2016年9月現在)

掲載施設件数は約1,000件を突破。

サイバーエージェントやリクルートが一部資金提供しているようです。

特筆すべきは、この『relux』はSNSユーザーをメインターゲットとして集客しているサイトであり、世界最大手の宿泊予約サイト『エクスペディア』ともプラットフォーム提携するなど、益々勢いを増す国産宿泊予約サイトとなっています。

▼▼▼ 宿泊予約サイト『relux』 ▼▼▼

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

会員制で高級旅館に特化したrelux

この『relux』は、”会員制”の宿泊予約サイトです。
もちろん、年会費や入会費は無料です。

以前は、会員になるには運営会社の承認が必要でした。
勤務先や年収、身元などをしっかりと審査・査定し、限られたユーザーのみが厳選された旅館・ホテルの予約をできるという仕組みでした。

現在はオープン化に伴い、誰でも会員になれます。

じゃらん.net楽天トラベルなどの大手が存在する宿泊予約サイトで後発の『relux』はオープン化しないと会員数も伸びず収益化が難しかったのでしょうか。

そもそも今時、会員登録が必須の宿泊予約サイトって…感じですよね。
時代のニーズのせいですかね。

今ではfacebookアカウント・googleアカウント・LINEアカウントで簡単に会員登録できるようになりました。

reluxが唱える3つの特徴

1. 満足度の高い施設

私たちは、掲載される宿泊施設の審査を極めて厳格におこなっております。100項目にもなる審査基準をクリアした、本当におすすめできる施設を厳選しています。
reluxグレードによってより比較しやすく、施設選びをお楽しみ頂けます。

どうやら掲載施設をサイト内で格付けしているようです。

一番評価の高い『The MUSEUM』レベルは全国で20~30施設しか認定されていないとか(掲載している全施設の上位3%程度だそうです)

reluxSS002

じゃらん.net楽天トラベル内でハイクラスに位置する宿でも、余裕で一番下位の『CASUAL』クラスにぶちこまれます。笑

reluxにおける 1予約あたりの平均単価が約83,000円(2名宿泊がほとんどでしょうから一人一泊約41,000円程度)との発表ですが、1予約あたりの宿泊料金が40,000〜50,000円前後(一人一泊20,000円~、かつ満足度が高い宿泊施設を「CASUAL(カジュアル)」と定義ようです。

まぁ、一言で言うと「CASUALでも十分高級旅館だと思うよ。笑」

掲載施設数は現在約1,000施設ということで、先日紹介した一休.comの掲載件数の約半分です。

関連記事:『1000億円で一休.comがヤフーに買収される狙いとは…

厳選されていると言えば聞こえはいいですが施設側からすると…

『売上の少ない宿泊予約サイトに載せても維持管理するだけ時間が無駄』という側面もあるのが現実です…。

では、後発組のメリットとは何か?

それは「既に評価が高い旅館・ホテルをピンポイントで狙い撃ちできること」です。

お客様の評価はすでにじゃらん.netや楽天トラベルのクチコミでゴロゴロ転がっている。その情報量たるや膨大で、数値化までされている。加えて格式高い老舗の高級旅館は一休.comに既に掲載されている。

後発組のreluxは、これらの情報元を背景に動くことができる。ピンポイントで審査員が直接施設に宿泊して自分達の基準で格付けすることができるのです。

これって後発組ならではのメリットであり、ユーザーにとっても大きいメリットにつながるはずです。

時間も限られている中で少しでも満足度の高い旅館やホテルに泊まりたい。
せっかくの旅行を”失敗したくない”と皆考えると思います。
既存の宿泊予約サイトから更に旅館・ホテルが絞り込まれ、時代のニーズに対応した評価基準で格付けされた宿泊施設群。ユーザーがreluxの中から選ぶメリットは十分にありますね。

2. 最低価格の保証(差額返金システム)

reluxの宿泊プランはどこで予約するよりも、お得な価格で宿泊できます。
もう他のサイトと比較する必要はありません。
万が一、同一内容の宿泊プランが最低価格ではなかった場合、差額の返金システムを設けております。

これはとても珍しいです。ただ、比較して差額請求するほどユーザーは暇じゃないと思うんですよね。笑

あっても無いのと同じサービスです。

裏話になりますが、そもそも宿側はネットでエージェントサイトを利用する場合、
reluxだけではなく、当然じゃらん.net楽天トラベル一休.comといった他にも多くのサイトと販売契約を結んでいます。

ゆえに、reluxだけ安くとかreluxだけ高くというような料金設定を行うのは極々稀であり、常日頃行いません。

サイトコントローラーと呼ばれる複数販売サイトの料金管理と在庫管理を一元で管理できるツールを使ってる施設が多いので、このような側面からもエージェントサイト間で販売料金に差額が発生することはほとんどありません。

あるとするならば、reluxオリジナルの宿泊プランがあった場合でしょうか。
それでもプラン内容をよく読み解けば結局他のプランと同じ内容だったり、他のサイトの違うプランと同額だったりするので、損した得したと体感できるほどの差は発生しないです。

ただし、一つだけreluxが一番安くなる瞬間があります…

割引クーポンの発行です。

reluxは本当によく割引クーポンを発行する宿泊予約サイトです。

楽天トラベルも比較的割引クーポンを積極的に発行する宿泊予約サイトですが、金額が500円~5,000円程度。得に高額クーポンはリリース当日には即配布枚数に達し、使えません。そうなると実用可能なクーポン金額なんて1,000円~2,000円程度の割引クーポンに終始するのが常です。

でも、その点reluxは異なります。

利用者の宿泊単価が高いため、割引クーポンの割引額も桁違いです。

だいたい5,000円~30,000円という触れ幅は他の宿泊予約サイトからみても群を抜いています。

常に様々な割引クーポン配布を積極的に行っているのがreluxの特徴なので、クーポン配布キャンペーンを見落とさないようにしてください。

▼▼▼ 割引クーポンをチェック! ▼▼▼

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

特に制限がなければクーポンを獲得してから、泊るかどうかを考えることができればよりお得にreluxを活用できると思います。

3. より特別なおもてなし

宿泊すると、5%のreluxポイントを還元します。1ポイントは1円単位で、次回の宿泊予約からお使い頂けます。また、特別な旅行の相談に、reluxコンシェルジュデスクをご利用いただけるほか、relux会員様にだけの特別な滞在プランをご提供。
大切な日を彩るための、さまざまなサービスをご体験ください。

reluxリピーターにはrelux内でしか使えないポイントでも宿泊料金の5%は大きいかなと思います。

コンシェルジュ機能はすごく便利だと思います、ネットが得意じゃない高齢者やめんどくさがりやな富裕層にはね。

利用シーンを見れば半数近くが誕生日をはじめ何らかのお祝い旅行で利用されているとのことです。

というより…ほぼ100%記念旅行です!

大切な記念日は少し贅沢に…というのがreluxユーザーの利用目的となっています。

結論

reluxSS03

サイト内の雰囲気や各施設の写真は、ココイチのキラーショット画像(一番綺麗なキメの写真)を使用しており、ある意味疑似的な旅行をしたような感覚になるサイトです。

「いつもよりちょっと贅沢してみたい」

「記念日やお祝いだから失敗したくない」

「上質な旅館やホテルに泊まってみたい」

そんなニーズを叶えることができる旅館ホテルが掲載されています。

ただし、見栄えが良くかっこいい予約サイトである分、掲載施設の詳細がほとんどわかりません。笑

ホントにカタログをペラペラめくって眺めていい感じの旅館やホテルを探すというスタイルの宿泊予約サイトですね。

自然と「どちらにしようかな?」というよりも「ここがいいな」って思わせるような感覚になります。

そして、ここにしようと思ったら更なる情報を求めて公式HPへGO!!みたいな。

そのために公式HPのURLも載っています(そのためかどうか真意は不明ですがエージェントサイトに自社公式HPのURLを載せること自体ご法度です。

ユーザーが公式HPに流れてしまいますから。)

営利主義というよりもやはりユーザーの望むものは何なのかを追求された結果かなと思います。

実際に、エージェントサイトで予約するユーザーの95%は必ず公式HPもチェックするという統計もでていますし、あながち間違いでもないのかなとも思ったりもします。
(公式HPを見てもエージェントサイトに戻って予約をするユーザーが相当数いるってことですからね…)

逆に公式HPを見られてもreluxで予約してもらえるという自信の表れかも知れません。

キラキラネームの多い最近の旅館ですがしっかりとフリガナも掲載されており、色々ととても親切設計です。

このサイトを上手に使うコツは『relux』で行きたい旅館や興味をそそる旅館を探して、

その旅館の公式HPで情報を補完して、納得したらクーポン使って『relux』で予約してあげるとgoodです。

ぜひ一度、日本最高峰の旅館ホテルが集うカタログに目を通してみて下さい。

▼▼▼ 宿泊予約サイト『relux』 ▼▼▼

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

■2017/2/11 追記 

現在、プレミアムフライデーにちなんで初回10%割引クーポンが配布されています!
プレミアムフライデー10%OFFクーポンゲットはこちら!

予約期限2/24まで / 宿泊対象期間2/27まで。

加えて春の先取り最大30%OFFクーポンも絶賛配布中!

私は2等で10%割引クーポンでしたけど…
春の先取り最大30%OFFクーポンゲットはこちら!

クーポン獲得期限2/18まで

writer by @lalamyuuu

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存