嫁氏のセカンドカーを買いに東北マツダへ【軽自動車の新車選び】

今年の9月と10月の仕事のお休みは、車検なども重なりほとんどディーラーに献上してしまいました。マツダ車大好き人間の私には最高のシーズンだったことを意味する訳ですが。

さて、今回は嫁さんがパートをはじめたということで必然的に必要になったセカンドカーを買いに東北マツダさんへお邪魔したところからお話ははじまります。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

前回記事:CX-5のディーラー初回車検費用はこれくらいかかる(KE後期型)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

どんな車が欲しいの?

ディーラーに赴く前の会話。

嫁氏「うーんとねぇ、軽自動車でいいの」

私「なるほどね。(最近の軽自動車って全然値段が”軽”じゃないんだよなぁ…)」

嫁氏「勤め先とか夕飯の買出しとか子供の送り迎えの往復しか使わないし」

私「なるほどね。(…ってそれ全部半径5km圏内じゃないか)」

とりあえず中古車も視野に入れて調べたりしました。

■中古車検索 ガリバー公式HP

無限に出てくる軽自動車の数に頭が痛くなりますね。もう少し条件を絞ってもらわないと。

私「もう少しなんか条件ないの?」

嫁氏「走ればなんでもいいよ。」

私「・・・(めんどくさいから新車でいいか)」

と言う訳で気が付くと東北マツダさんに来ていました。

選んだのはこの車種

マツダ CAROL GL 2WD ホワイト \915,840円(スズキのアルトとも言います)

本当に必要最小限のいわゆる”生活の足”と呼ばれる車種の選び方。

山形という地方都市では雪も当然降るのですが、生活圏によっては2WD車でも全然暮らすことができます。実際にCX-5でも街中で見かけるのは結構な割合で2WDのことが多いです。

ウィンタースポーツや山道を行くなどの動きを行わないユーザーには雪国山形でも2WDで全然いけるんです。

そして費用も最大限に抑えるという裏テーマもあったので、とりわけマツダ社で扱う軽自動車の中でも一番リーズナブルな車種という理由もありました。

嫁氏希望のオプション構成

■ドラレコ

■エンジンスターター

■バックモニター

ドラレコやエンジンスターターなどさっき走れば何でもいいって言ってた人が選ぶオプションではなかろうに。という疑問を心に抱きながらアクリルバイザーとフロアマット、キャロルにはマツコネがないのでミドルクラスのカーナビをプラスで付け加えました。

厳密にはスタッドレスタイヤも必要になりますが、我が家はタイヤ交換やローテーション・空気圧チェックなどを無料でやってくれるコストコから買っているのでそれは今回含めませんでした。(コストコでタイヤを買うとそのタイヤを保有している間は夏冬どちらも無料でタイヤを交換してくれるのです。売ってるタイヤもPB商品などではなく、ミシュランやYOKOHAMAタイヤなど一般のメーカーを取り扱っています。)

コストコ自体は年会費で4,000円程度かかりますが、夏冬年2回タイヤ交換をカーショップにお願いしたと考えればおつりが余裕で来る計算です。2台所有ともなれば効果は絶大でしょう。1時間程度の圏内にコストコがある方は検討してみた方がいいですよ、キャンペーンを結構やっているのでタイヤの価格も高くないです。

個人的には軽自動車のような小さな車体にバックモニターは必要なのかな?と思ったのですが5年以上ペーパードライバーの嫁さんは運転が心配なようで絶対外せないと念押しされました。

マツダ車だけでいいのか?

普通は時に新車を買おうということならトヨタをはじめ色々メーカー各社ディーラーを回ったり車種を調べたりするんでしょうけど、今回はあまりそういうのはありませんでした。

今のCX-5 を売ってもらった東北マツダさんにお世話になりたいという気持ちが大きかったので車種にまでは大きくこだわりを持たない嫁さんの車はOEM車であっても東北マツダさんから選ぼうと思いました。

セカンドカーとは言え、他社のメーカーで別々ですとメンテナンスも面倒になると思ったので、なるべく窓口は一つに統一した方がメリットを感じると考えました。

そしてまた私のCX-5を買うときに良い関係性を作っておくのも大切ですからね。笑

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

過去記事:CX-5購入へのディーラー初回の心得!その成果とは…

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

嫁氏優しくなる

基本的には車種の選択や車やローンの名義、営業さんとの交渉は全部私の仕事です。

もちろん値引き交渉などやりたくない仕事も私の仕事になってきます。

最初は嫁さんも車には興味がないと感じたので「どうせ生活の足なんだから中古でいいでしょう」と探していたのですが、実際にディーラーさんで試乗したり話を聞いたりしているうちに”どうやら新車の方が嬉しい様子”

やっぱりそうだよねー。その気持ちはよく分かります。(私も嫁さんの車を探していながらも見てると新型CX-5が気になってきましたから…)

そんな腹積もりもありながら「新車にしようか」と言ったときには「え?ホント?」って喜んで貰えていたので良かったです。それ以降、車の話題には少しだけ興味を持って聞いてくれるようになりました。笑

”車の話題には寛容…”

これ大事です!

中古車を検討してみた感想

今回、中古車は下記のサイトを参考に探してみました。

中古車検索サイト大手 ガリバー公式HP

感想はやっぱり軽自動車は中古でも、そこそこ良い値段しますね。本当に予算レンジが新車と被ってくる在庫が多いです。それだけ豊富な車種から選択できたり、細かな予算レンジにアジャストできるというメリットもありますけどね。ともあれ、一度は目を通してみるべきだと感じました。

それでは、また!

■続き:マツダの軽自動車キャロルの最大値引き額が判明【商談交渉レポ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存