【2015年MC後】CX-5商談最終決着!東北マツダ渾身の最終見積はコレ

成約済み

初回に訪問したときは「やっぱり無理か…」と思わせるには十分すぎる現実を見せつけられ。

過去記事:『【2015年MC後】CX-5の気になる値引きなし初回見積内容はコレ』

下取りやオプション調整、ありがたい値引きなどもあり、二回目でずいぶんと背中が見えてきた【2015年MC後】CX-5の新車購入。

過去記事:『大勢決する2回目23万値引き!値引きはどこから引き出すべき?』

今回はこれらの集大成にもあたる、3回目の見積商談のお話です。

最終的には感無量で判子を押しました!

いったい値引きはどこまで加速したのでしょうか。

前回までのおさらい

初回商談ではまったくの値引きなし:380万弱

2回目商談でようやく:275万まで落としました。

2回目見積2

クリックして拡大

簡単に書くとこんな内容でした。

車種仕様:
CX-5 XD PROACTIVE 4WD SKYACTIVE-D 2.2 6ECAT ソウルレッド

車両本体価格  :333万(税込)

(セーフティクルーズ+DVD&地デジ+ソウルレッド込み)

値引き     :▲10万

オプション価格 :20万(税込)

値引き     :▲5万

諸経費     :20万(税込)

下取り(査定額):▲70万

上乗せ値引き  :▲13万
————————————————

合計      :275万(税込)

これであれば、金利を考えない単純計算でも、

5年ローン: 月々 4.58万円

8年ローン: 月々 2.86万円

ローンを組んでも現実的な範囲になりました。

 モリモリのオプション内容

オプション関連の詳細です。

★メーカーセットオプション&カラー

  • セーフティ・クルーズ・パッケージ
    DVDプレーヤー
    +地上デジタルTVチューナー(フルセグ) ⇒ 11.3万
  • ソウルレッドプレミアムメタリック ⇒ 5.4万

★ショップオプション

 ■フロアマット(3万)

 ■サンバイザー(2.5万)

 ■ナビ用SDカードPLUS(4.9万)

 ■防錆アンダーコーティング(4.1万)

 ■フロントパーキングセンサー(3万)

 ■自動格納ミラー(1.9万)

 ■ETC移替え工賃(0.5万)

★その他

 ■パックdeメンテ(4.5万)

 ■延長保証(1.9万)

結局、XD PROACTIVE(4WD)316万に43万程度の追加オプションが加わっている仕様になりました。

自分としては、もうこれ以上追加する必要はないなというくらいの贅沢な構成になりました。

久々の大きい買い物に後悔したくないという思いもかなりありました。

3回目商談直前の作戦会議

このような経緯の中で、以前書きましたが福島のオートザムを経営する幼なじみに275万の見積書を見せて、どうにかならないかと相談していました。

友人「下取り70万で値引き23万ねぇ…東北マツダってすごいね」

もともと値引かなくてもそこそこ売れてしまう土壌にある福島のマツダディーラーにおいては天文学的な数値だったようです。

過去記事:『知らないと失敗する”買い”のマツダ販売店はココ!【南東北版】』

それでも友人という間柄を気遣って友人はこう言いました。

友人「後だしじゃんけんだから最初からMAXで言うね。」

友人「270万ボディコーティング5年と軽油満タン付けるよ!」

友人「ここがリミット。これで無理なら諦めるよ。」

おぉ!まじか!これは嬉しい展開!

そしてこう続けます。

友人「その代わり見積書を紙には出せないからね。」

恐らくデータに残すと社内での統制が取れなくなってしまうからなのでしょう。

友人のところで買うってことは、福島のオートザムにお世話になるということで・・・

すなわち、パックdeメンテなどを利用する予定の私は定期点検とかは福島に帰省しないといけないなぁとか色々考えていました。

山形と福島を車のメンテするたびに往復するのは少し微妙・・・

でもここまで頑張ってくれた友人にも応えたいという思いもあり。

にじみ出る最終フェーズ感!

満を持しての3回目商談開始

私「275万でしたよねぇ…(チラッ」

私「実は、ディーラーの友人から270万+ボディコーティング5年+軽油満タンのすごくいい条件が来てるんですけど東北マツダさんこれ以上いけますか?(直球)」

営業マン「えっ…すごいですね!!」

営業マン「うーん…」

(しばらく沈黙・・・)

(ここが恐らくお互いに勝負どころ・・・)

営業マン「わかりました!同じ条件でどうですか!?」

営業マン「メンテナンスも山形で近いですし、アフターフォローもうちは…」

私「同じはダメです!!(かぶせ気味)」

私「同じ条件なら先に提示してくれたほうを私は選びたいのでここは譲れません。」

後だしじゃんけんで同じ条件しか出ないってことは事実上負けってことですから。

営業マン「うーん…」

(さらにしばらく沈黙・・・)

私「(おっ…なんか考えてる…)」

私「(まさかあるのか?最後の一撃が…)」

営業マン「ちょっと最後に上のものと相談してきていいですか?」

(待つこと5分・・・)

営業マン「OKもらいました!」

営業マン「270万+ボディコーティング5年+軽油満タンに加えて3万までオプション選んでもらっていいですよ!(ドヤァア)

私「マジっすか!」

私「じゃあ、これで!」

remote-engine

リモコンエンジンスターター(アンサーバック機能付)(5.7万円)

営業マン「えっ、いや…3万以内で…キツイっす。笑」

私「いやいや~、これで!」

私「これくらい差がないと尽力してくれた友人にも面目が立たないじゃないですかー(大嘘)」

(さらにしばらく沈黙・・・)

営業マン「ちょっとまた相談してきていいですか?」

最初から最後の一押しがあったらエンジンスターターって決めてました。

贅沢品だけど実用的で欲しいものだし、これくらい差がないとってのは事実思うところですしね。

これくらいは計算してましたよ。

じゃなきゃ、こんな短時間に3万以内のオプション選べって無理でしょ。笑

営業マン「OKでました…それでお願いします。」

私「ありがとうございます!とても気持ちのいい買い物ができました!」

私「色々無茶聞いてもらって本当にありがとうございました」

最終的に…

最終見積

2回目の商談から変わった部分をまとめます。

金額:275万→270万

オプション追加:ボディコーティング5年/エンジンスターター/軽油満タン

これが最後のひと捻りで東北マツダさんが頑張ってくれた結果です。

車種仕様:
CX-5 XD PROACTIVE 4WD SKYACTIVE-D 2.2 6ECAT ソウルレッド

車両本体価格  :333万(税込)

(セーフティクルーズ+DVD&地デジ+ソウルレッド込み)

値引き     :▲10万

オプション価格 :26万(税込)

値引き     :▲5万

諸経費     :20万(税込)

値引き     :▲2万

下取り(査定額):▲70万

上乗せ値引き  :▲23万
————————————————

合計      :270万(税込)

前回との差は以下です。

◎諸経費の車庫証明手続き代行費用2万円を値引き

◎下取りの上乗せ値引きを更に10万円値引き

今回だけで12万円の値引き追加です。

ちょうど今回の交渉で追加されたエンジンスターター(5.7万)とコーティング(6.4万)を相殺するような形ですね。

最終見積3

クリックして拡大

※大人の事情で見積書にエンジンスターターは記載されていません。

これは本当に大人の事情みたいです。

営業マンも「面倒ですがお付き合い下さい」とのことでした。

恐らく最後のスターターの値引き交渉は完全に計算外だったんだと思います。

発注書もスターターだけ別に2枚書かされましたから。

このような形で紆余曲折を経ましたが、総額380万の【2015年MC後】CX-5を270万で購入することとなりました。

内訳を更に簡素化しますとこうなります。

総額価格    :380万(税込)

下取り(査定額):▲70万

値引き     :▲40万
————————————————

合計      :270万(税込)

下取りが70万は3箇所買取業者を回ってもいいとこ50万とどこでも言われていたので間違いないと思います。

値引きだけで40万…

東北マツダの皆さん本当にありがとうございました。

骨を折ってくれた友人にも感謝です。
(その後帰省の際、東北マツダで買ったCX-5を友人のオートザムに乗り付けてCX-5談議に花を咲かせながらお茶を飲んで帰るという暴挙、本当にごめんなさい)

まとめ

■【2015年MC後】CX-5の値引きが40万まで引き出せる

⇒もちろんケースバイケース、絶対ではありません。

■新車を買うときは必ず9月か3月の決算期を狙うこと

⇒最後の一踏ん張りが全然違います。

■決算期の商談はスピードがとにかく早い

⇒今回のこの流れ9/3~9/10までの1週間の出来事です。

■最後の一踏ん張りを想定して欲しいものを考えておくこと。

以上が、実際に合見積から始まり購入に至った経緯です。

皆さんのCX-5新車購入に少しでも参考になれれば幸いです。

過去記事:『【2015年MC後】CX-5の気になる値引きなし初回見積内容はコレ』

過去記事:『大勢決する2回目23万値引き!値引きはどこから引き出すべき?』

writer by @lalamyuuu

新車購入希望者はチェック!

新車でマツダ車を買うなら複数見積をとるのは鉄則です。


このサイトでは、マツダCX-5、CX-3、デミオやアテンザなどすべてのマツダ社を完全網羅!
わざわざディーラーへ行かずとも自宅からオンラインで簡単に見積をゲットできます。

ディーラー各所を回らずとも相場を把握できるのはすごく便利でした。手が届くか届かないかの判断にもスマホで簡単情報収集ができるのでオススメです。

マツダ車の新車見積はこちらから!

中古車購入希望者はチェック!

中古車狙いなら登録車数の多い、大手ガリバーを軸に探すのが良いです。


こちらも店頭へ行かずとも自宅で中古車探しができます。
こちらは電話ですぐに相場がわかるので、予算との照らし合わせには便利でした!
全国規模の中古車在庫から欲しいマツダ車を提案してくれるので情報精度が高いのがGOODです。

マツダ車の中古車探しはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存