無償対応不可?3年30,000kmでヘッドライト問題再発!

2018年9月、初期型後期のCX-5(KE型)が初回の車検迎えようかとしていた時のお話です。

洗車しているときに「あれ?」と気が付いてしまいました。

『ヘッドライトが汚れてる』『いくら拭いても落ちない…』

まさか…

不具合が再発しました

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

前回記事:不具合?ヘッドライト内側の曇り・シミ汚れの原因とディーラー対応とは

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

詳しい症状などは前回と同様なので↑の記事参照なのですが、再びヘッドライトの内側が曇るというか汚れるというか、シミで覆われるという現象が起きてしまいました。

しかも、左右両方のヘッドライトが同時にです。

今回は前回よりも広がる前に発見したので、とりあえずディーラーさんに相談しました。

案の定…

『すぐヘッドライトを交換しますね!』

やっぱり今回も原因は不明ということで、即交換となりました。

個人的には原因は気になりますが、即新品へ交換対応してくれるので不満はないです。

規則的な発生条件

あくまで推測でしかありませんが、次のことがわかりました。

前回:納車1年半/走行距離約15,000km

今回:納車3年 /走行距離約30,000km

次回:納車4年半/走行距離約45,000km ←NEXT!!

うん。たぶん、こういうことです!笑

経過時間によるものなのか、経過季節によるものなのか。走行距離はあまり関係なさそうですね。

もはやKE型 CX-5の持病とも言えるこの現象。

治そうと思わない、上手にやっていくんだという気持ちと覚悟です。もう驚きません(麻痺)

メーカーさんももう治す気ないですよね。

延長保証期間は無償交換にならない?

気になったのはディーラーさんの『延長保証期間に入る前で良かったですよー。』という言葉。

私は新車でCX-5を購入したときに延長保証のオプションを約2万円で追加していました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

過去記事:【KE後期型】CX-5商談最終決着!東北マツダ渾身の最終見積はコレ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

延長保証とは、基本的に購入時から3年は無償でメーカー保証を受けられるのですが、この期間を2年有償で延長するという言葉の通りのオプションです。

エンジンやブレーキをはじめ、電動ミラーやナビ、エアコン・ドアロック・パワーウインドウ・サンルーフなど多くの部分の不具合を原則無償で修理してくれます(一部免責費用がかかる場合があります)

当時の延長保証は最大2年のトータル5年をカバーするオプションでしたが今はトータル7年までカバーできる延長保証もオプションで選べるようです(CX-5は3.8万円程度)

長く大切に乗りたい場合は必須のオプションだと感じています。

前回は何も問題なく、無償でヘッドライトを交換してもらいましたが、今回は初回車検時なので延長保証期間に突入するまさにギリギリのタイミングでした。

話を聞くと、延長保証期間に入る前と後では修理する部分に対して無償対応になるのか有償対応になるのかの判断が異なるようです。

延長保証期間に入るとディーラーさんの判断で決めるのではなく、別の保証会社の基準で対応方法が決まるとのことでした。走行距離や使用環境など細かい情報提供が必要な様子でした。

そして、「保証会社の判断基準はディーラーよりも厳しい」と言います。

ちょっと!それは困りますよね。

私がお世話になっているディーラーだけがそうなのか、全国どこでもそうなのかまではわからないのですが、そういうイメージで延長保証に入ってるつもりはないので少し焦りました。

間違いなくまたあと1年半後にこの事象は再発するので万一色々理由をつけられて有償対応になってしまったら目も当てられませんよね。

どうにかしてもらいたいものです。

中古車購入時も確認が必要

今回の事象はCX-5(KE後期型)が対象ですがデミオやCX-3でも同じタイプのヘッドランプが使われています。

中古車検索サイト大手 ガリバー公式HP

交換するには片方だけでも10万程度の費用がかかる高価なパーツです。

中古車を買う場合は、是非ともヘッドランプの内側チェックもお忘れなく!

それでは、また!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存