3年乗ったから分かるCX-5(KE型)のココがダメ!不満点ベスト3

3年2ヶ月、34,000km乗ったCX-5ですが本日とうとうお別れのときが来てしまいました…。

市場評価も高く、SUV部門ではかなりの顧客満足度を叩き出すCX-5ですが、本当に良い部分がたくさんあります。

まさに弱点はあるのか?状態。

今回は来月納車される新型CX-5特別仕様車への期待も込めて、あえて3年お世話になったCX-5(KE型)のダメな点ベスト3をまとめたいと思います。

ヘッドライト内側の曇り・シミ問題

以前、記事にもまとめました。

不具合?ヘッドライト内側の曇り・シミ汚れの原因とディーラー対応とは

まさに言葉の通り、ヘッドライトの内側が曇って汚れてきてしまう現象です。

CX-5に乗り始めて1年半が経過したときに発生したのでディーラーさんに持ち込んで対応してもらいましたが、ヘッドライトごと交換という残念なお知らせ。

結果的に実害もなかったので少し安心している部分もありますが、ヘッドライトは照明パーツの主役ですし、安全面でも大切な部分のパーツです。気付かずに放置して何かの事故につながれば大ごとですよね。

無償交換というのもあり原因も不明との説明から「まぁパーツの個体差による不具合かな?」と軽く流していましたが、そこから更に1年半後の車検時期にまさかの再発。

片方10万~20万程度の部品を両方ですから有償だったらブチ切れますよね。笑

素人考えだと寒暖差や湿度の高さなどがLEDヘッドライトの熱と関係して悪さをしているのかな?とか想像しちゃいます。

何よりも、2回目も無償交換でしたが2回目も「原因は不明」は回答としてまずくないですか?

この辺りは、KE型後期のスプーンの様な形のヘッドライトが対象ですので、今KE型に乗っている方や中古車を検討している方は注目してみてはいかがでしょうか。

恐らく新型CX-5(KF型)では、ヘッドライトの形状が違うので問題はなさそうですが…。

運転シートのきしみ音問題

これも最終的に治らなかった事案です。

運転席の背もたれに寄りかかると「キーキー」「ギシギシ」ときしむ音がハッキリとする現象です。プラスチックが擦れる音というか。

乗り始めて1年半位経過した辺りに鳴りはじめて、ディーラーさんに相談して対応してもらったら治まったのです。(動画の方が分かりやすいので後でYoutubeにアップします)

私自身は割と姿勢良く運転席に乗る方で、変な加重のかけ方をしていた訳ではないのですがどうしてもこの現象が治りませんでした。シートの見た目の形状にヘタりなどは一切なく、きしみ音以外は購入時となんら変わらない耐久性を維持しています。

その後、1年程度経ったらまた再発してしまいました…。

治し方があるならディーラーさんに聞いておけば良かった。

毎日乗るところですし、すごく気になるのでこのシートの作りは不満です。

次の新型CX-5では起こらないことを願うばかりです。

雨の日バックモニター死んでる問題

これだけ作りこまれた完成度の高い車でなぜここができない!笑

思わず笑っちゃうんですが、雨降るとバックモニターのカメラに水滴がたくさんついてカメラの機能を果たさないというCX-5あるあるです。

一応、対策オプションも純正であるのですが、ディーラーさんにあまり効果がないのでやめた方がいいよと言われ四面楚歌。

これひどい時は水滴でまったく見えないですからね。笑

慣れた駐車場なら問題ありませんが、初めて行くような場所でこれが使えないのは痛い…。

トヨタさんのアイシスはこんなことありませんでした。

そんなに難しい問題ではないと思うのですが、予想外にここは不満です。

これは新型CX-5KF型ではどのように変わっているのか楽しみです(フラグ)

煤(まだ問題ではない)

これは別に問題が起きてはいないので問題ではないのですが、心配事としてという意味です。

まぁそもそも何かを対策しようともこればかりは打つ手無いですからね。

驚きの煤(すす)詰まり!CX-5の吸気圧センサーを洗浄してみた。

意味があるのか全然わかりませんが、3年乗って2回ほど吸気圧センサーの清掃をしたぐらいです。

少なくとも3年2ヶ月34,000kmで問題は起きていません。

これは月に直すと約900km、自宅から勤務先まで往復18kmなので一ヶ月通勤だけで400km、その他の500kmは実家に帰省したり休日に遊びに出かけたりで消費している計算になります(もちろんこれも夏と冬では活動量が違うので平均値です)

参考にして欲しいのは、ディーゼルはちょい乗りには不向きと言われてはいますが、ちょい乗りの定義が無いことです。また、長距離乗っていれば安心ということでもないと思いますが。

少なくても自分のこの乗り方では問題が無かったという参考データの一つとして考慮してもらえれば幸いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、あくまで3年乗った経験を活かす意味でも、乗る前に知っていたり試乗では検証することができない部分をあえて選びました。

「なんだ、どれもたいした問題じゃないじゃないか」と感じる方は、それほど完成度が高いんだという解釈でいいと思います。

「え?そこ?w もっと他にあるでしょ!」と感じた方は、様々な価値観のあり方を受け入れて下さい。

「へぇ~そこ気になるんだw」と感じた方、ここまで記事を読んでいただいてありがとうございました。

現行CX-5KF型やこれから納車になる特別仕様車では起きない問題かとは思いますが(起きないで欲しい)、今CX-5に乗っていたり、中古車でCX-5を検討している方達の参考になれば幸いです。

新車購入予定の方はチェック!

新車でマツダ車を買うなら複数見積をとるのは鉄則です。


このサイトでは、マツダCX-5、CX-8、CX-3、デミオやアテンザなどすべてのマツダ社を完全網羅!
わざわざディーラーへ行かずとも自宅からオンラインで簡単に見積をゲットできます。

ディーラー各所を回らずとも相場を把握できるのはすごく便利でした。手が届くか届かないかの判断にもスマホで簡単情報収集ができるのでオススメです。

マツダ車の新車見積はこちらから!

中古車購入や下取価格調査はこちらをチェック!

中古車狙いなら登録車数の多い、大手ガリバーを軸に探すのが良いです。


こちらも店頭へ行かずとも自宅で中古車探しができます。よくある一括査定のように色んな業者さんから電話がバンバンかかってくる心配もありません。

こちらは電話ですぐに相場がわかるので、予算との照らし合わせには便利でした!

全国規模の中古車在庫から欲しいマツダ車を提案してくれるので情報精度が高いのがGOODです。

マツダ車の中古車探しはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存