CX-5ユーザー必見!ノリで下取査定をしてもらったら驚きの結果に!

嫁氏のセカンドカーを契約するときに訪れた東北マツダさん主催のイベント会場にて。

うわ~、やっぱりかっこいいわロードスター。

いつかこいつをセカンドカーにしてやるんだ!という夢を頂きながら、キャロルの契約書にサインをする私。笑

今回はこのイベント会場でいつもお世話になっている東北マツダの営業さんのひょんな一言からお話がはじまります。

過去記事:マツダの軽自動車キャロルの最大値引き額が判明【商談交渉レポ】

「今のCX-5を一度査定させてもらえませんか?」

”ん?査定って車買うときするものじゃないの?”

と不意に言われて最初はどういう意味なのかすぐには分かりませんでした。

話を聞くと、「一度、査定をしてみて条件が良ければ乗換などもできますよ。頑張りますから!」と。

「またまたー!商売上手ですなぁ~。笑」って感じで、この日は屋内イベントで展示されている新型CX-5や新型CX-8を愛でる作業に没頭しました。

どの車両を見てもキラキラと光るマツダ車は本当にずっと眺めていられるくらいウットリしてしまいます。

幸せや~♪

驚きの査定額

後日、別件でディーラーさんを訪れた際に実際に査定をしてもらいました。

別件記事:無償対応不可?3年30,000kmでヘッドライト問題再発!

ちなみにその時の私のCX-5の状況は次の通りです。

■2015年9月納車 3年32,000km

■CX-5 XD PROACTIVE 4WD ソウルレッド

セーフティ・クルーズ・パッケージ+DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー(フルセグ)

■残車検期間2年(車検を受けた直後です)

■修復履歴なし、目立つキズもなし

大切に乗っていた車なのでトラブルもなく、整備記録もディーラーさんでしっかりサポートされている車両です。走行距離も年間約1万kmと少なからず多からず極々標準的な乗り方だと思います。新車で購入した時の車両本体価格は333万円でした(オプション・諸経費・値引きは含まず)

しばらくするとささっと「お待たせ致しましたー!」と査定書営業さんが持ってきてくれました。

営業さんから聞かされた査定額は驚きの200万円!

「ええええー?そんなする??」(なんか思ってたより全然高いんだけど…)

その後、営業さんが丁寧になぜ査定内容を解説してくれました。(詳細は後日別記事で書こうと思ってます)

直感的な良い手ごたえに喜びを感じながら、あまり色々言わずその日は自宅に戻り、もっと高く売れる可能性はあるのか?という検証作業に没頭しました。

CX-5の概算査定額を調べる手段

私は毎回ガリバーを利用して大体の自分の車の査定額の相場を教えてもらっています。

愛車の買取相場がすぐわかる ガリバー公式HP

中古車買取台数が多いガリバーの方が相場感の精度が高いと思ってます。CX-5に限らずどのメーカーのどの車種でも取扱いがありますのでディーラーさんとの比較という意味でも概算費用だけは聞いておいて損はないです。

一括査定とかだとたくさん電話がかかって来てしまうので最大手のガリバーだけに絞って聞くだけで充分です。思ったより査定額が高ければそれから他のショップにも声をかければ良いだけですしね。

それでは、また!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存