忘れてた!3年乗って売却したらクリーンディーゼル補助金返納額はどうなる?

先日、無事に新型CX-5の特別仕様車を契約してきました。

値引き額26万円で最終決着!感謝の気持ちを込めてアレしました

そこでふと思い出しました…

「確かクリーンディーゼル補助金って保有義務期間があったような?」

やっぱりあったー!

クリーンディーゼル補助金って申請すれば早い者勝ちで簡単にもらえる助成金なんですが、なんと車両保有義務期間が存在するのです。

CX-5の場合は処分制限期間が4年と明記されています。

やむなく処分する場合は補助金の返金が必要とも書いてあります。

クリーンディーゼル補助金が交付されたときの文章が残っていました。

もはや絶滅危惧種!?クリーンディーゼル補助金のイマ【2018年12月版】

黙ってればバレない?

とは言え、もう新車買っちゃってるので後戻りできないんで返金します。

これ、返金作業については基本的にはディーラーさんの仕事ではないので自発的にやらないといけないです。(本来、補助金申請も返金申請もどちらもユーザーが自分でやることが原則です。ディーラーさんが代理で行うことが多いようですが、本当はダメなことです)

便宜上、ディーラーさんがやっちゃうんでしょうけど。

特に返金申請の場合はディーラーさんからのアクションは特に無いので注意です。知ってればこちらから「返金申請したいんですけど…」って言えますけど忘れてるとそのままスルーしちゃいますからね。マツダディーラーでの下取ならまだ気が付いてもらえるかもしれませんが、買取業者に売った場合気がついてもらえない可能性が高いです。

下取や買取後に中古車として買った方に迷惑をかけたりトラブルの元にならないようにするためにも保有義務期間内での車両処分後はしっかりと返金処理を行いましょう。

私は今回もディーラーさんにお願いして返金申請を上げてもらいました。

いくら返金すればいいの?

一応、補助金返納額はこのようにして算出されます。

売却額は、そのまま下取額や買取額に置き換えることができると思います。

補助金比率は、補助金額÷車両購入費用で算出できます。

推測ですが、ここでの車両購入費用は購入時の値引き前の素の車両本体価格が当てはまるのでは?と考えています。理由は、交付するときの補助金額を決定するのも車両本体価格で決まるからです。よって、オプション代や諸経費も含まれた総購入費用ということではないんだと思います。

※結果は実際に支払額が決定してから逆算して検証してみます。

私の場合は、

売却額(200万円)× 補助金比率 0.036(12万円÷333万円)= 約72,000万円

けっ…結構返さないといけませんね…(苦笑

そして返納は請求書が届いてから20日以内に支払えというSっぷり。期限越えると延滞金までしっかりつくそうです。

でも、私のCX-5は保有義務期間4年に対して3年目過ぎた辺りで手放すことになりますが、この計算式だと保有義務期間の残期間に関わらずある一定の金額を返金しなければならなくなります。 保有義務期間が残りわずかだから返金額も安くなるということでは無いようです。

売却額の減少がそれに当たるのでしょうが事故車などでも無い限り100万以上では売れるでしょうから4~5万円は返金しないといけません。逆に全損事故で売却額ゼロなら返金ゼロのようですね。

もらった補助金が多ければ多いほど補助金比率が係数として大きく上がるので気をつけたい所でしょうが、私よりも多く補助金をもらっているのは初代CX-5勢(KE前期型)でしょうからそもそも保有期間4年は超えている可能性が高いのでまぁよく出来たシステムですよね。

私は何か一番損したような気分になりますが気のせいです。うん、気のせい。

まぁ、計算が当たっている保証もないですし、実際の請求書が来るまで楽しみにしています…

※後日、検証記事アップします。

もはや絶滅危惧種!?クリーンディーゼル補助金のイマ【2018年12月版】

新車購入予定の方はチェック!

新車でマツダ車を買うなら複数見積をとるのは鉄則です。


このサイトでは、マツダCX-5、CX-8、CX-3、デミオやアテンザなどすべてのマツダ社を完全網羅!
わざわざディーラーへ行かずとも自宅からオンラインで簡単に見積をゲットできます。

ディーラー各所を回らずとも相場を把握できるのはすごく便利でした。手が届くか届かないかの判断にもスマホで簡単情報収集ができるのでオススメです。

マツダ車の新車見積はこちらから!

中古車購入や下取価格調査はこちらをチェック!

中古車狙いなら登録車数の多い、大手ガリバーを軸に探すのが良いです。


こちらも店頭へ行かずとも自宅で中古車探しができます。よくある一括査定のように色んな業者さんから電話がバンバンかかってくる心配もありません。

こちらは電話ですぐに相場がわかるので、予算との照らし合わせには便利でした!

全国規模の中古車在庫から欲しいマツダ車を提案してくれるので情報精度が高いのがGOODです。

マツダ車の中古車探しはこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存