勝負の2月~3月!狙いの中古車が安くなる理由と情報収集のコツ

さて、いよいよ年度末と言われる2月~3月が近づいてきました。いわゆる決算期と呼ばれるこのシーズンは年間通して最も車の売買が活発になるシーズンです。

車を購入したと思っている人にとってはワクワクでもあり、指が鳴るシーズンでもありますよね。

今回は、主に新車よりも中古車市場にスポットを当てて、この時期の動きや中古車価格の効率の良い集め方などを綴りたいと思います。

なぜこの時期に中古車なのか

よく聞くのは「新車を買うなら9月と3月がお得!」というフレーズ。

いわゆる、中間決算と期末決算でディーラーサイドが売上目標へ少しでも近づけようと奮起する期間のことを指しています。結果、多くの値引きが引き出せたり、”対策費”という名目で高価なオプションが無料で付いたりという理由で良くオススメされるのは多くの方がご存知だと思います。

事実、決算セールなるものがほとんどのディーラーで行われていますよね。

これが9月・3月が年間通して最も新車が買われる大きな理由ですね。

でも、これはすなわち「多くの人の車検の周期が9月と3月に集中する」ということになり、結果、”乗り換えのタイミングも9月と3月に集中する”ことになります。

言い換えれば中古車市場においても、最も在庫が充実する期間もこの時期に重なります。

中古車販売業者にも決算期はもちろんあります。

ゆえに、このシーズンは中古車市場においても売買のトップシーズンとなります。

(実際に、最近やたらと中古車販売店からメルマガがガンガン飛んできます。笑)

新型CX-5や話題のCH-Rも続々登場

特に今年度は新型CX-5やトヨタCH-Rなどの新型SUVをはじめ日産の新しい電気自動車「e-POWER」を採用したNOTE(ノート)など魅力的な新車が世に解き放たれている今、ドンドン新型車が増えています。

= ”それに近いだけ他の車が中古市場に出回っているのもこれまた事実です”

今現在、新車購入を考えていて下取りで少しでも高く売りたいと考えている方は一読してみて下さい。以前、CX-5購入の際に見積の段階で書いた下取りを高く買い取ってもらうための記事です。

過去記事:初めてでも失敗しない愛車の概算買取査定額を知る方法はコレ

特に中古のCX-5は今年が豊作年?

初期型のCX-5は、2012年2月に販売が開始されました。

あれから5年後の2017年、フルモデルチェンジした新型CX-5がリリースされました。

ちょうど、3年-2年の車検が一回りするタイミングでのフルモデルチェンジ。

これを機に新型CX-5へ乗り換える人は相当数いるでしょう。特にCX-5の良さを理解しているユーザーなら尚更です。

中古車市場のCX-5流通割合は、2015年MC前が6割・MC後4割。

2015年MC後から新型CX-5への乗り換えはMC前と比較すれば動きは鈍くなる。2015年MC前が必然的に中古車市場にあふれかえることになります。

中古でCX-5を狙っているユーザーにとっては、今年が豊作年。ある程度ユーザー側が選べるような情勢になるはずです。

中古車価格は大手から簡単に引き出せる

いざ、中古車を選ぼうとするとこれだけインターネットに情報があふれているご時世、情報の供給過多と信頼性の観点から中々簡単にポイントを絞って情報収集ができません。

私も実際にそうでしたが、だいたいの価格だけでも把握することができれば購入を検討することが可能なのか、それとも土台無理な話なのかを検討できるじゃないですか。

欲しいなと思うお気に入りの車種の正確な中古価格を知りたい。もしくは、ザックリでいいから概算を知りたいという人は、登録車数の多い中古車販売最大手のガリバー一択で問題ないと感じました。



ガリバーのいいところは、店頭へ行かずとも自宅で中古車探しができることです。
こちらは電話ですぐに相場がわかるので、予算との照らし合わせには便利でした!

私はネットで大体の中古車価格を下調べしてからガリバーさんに問い合わせしました。そうすることで、情報の信頼性を確認することができるし、何よりも相場感を掴むことができます。

とりあえずネットとガリバーで聞いて予算的にNGだったら、諦めもつくレベルだと思います。他の中古車販売業者に問い合わせするのは概算を把握して買えそうだと判断してからで十分遅くないと思います。

まずは概算をするためにガリバーのHPはこちらから!

writer by @lalamyuuu

新車購入希望者はチェック!

新車でマツダ車を買うなら複数見積をとるのは鉄則です。


このサイトでは、マツダCX-5、CX-3、デミオやアテンザなどすべてのマツダ社を完全網羅!
わざわざディーラーへ行かずとも自宅からオンラインで簡単に見積をゲットできます。

ディーラー各所を回らずとも相場を把握できるのはすごく便利でした。手が届くか届かないかの判断にもスマホで簡単情報収集ができるのでオススメです。

マツダ車の新車見積はこちらから!

▶当ブログの車カテゴリ記事一覧はこちら

『MAZDAの話』