初心者でも簡単!DIYでナンバー灯をLED化してみた。

車をいじってみたいとなればやっぱりLEDは外せませんよねー!

今回は、そのLED化の入り口とも言える誰にでも簡単にDIYできるナンバー灯(番号灯)をLED化していきたいと思います。

これをきっかけに、車内のルームランプやフットランプなどドンドンLED化を進めたいスパイラルにハマっていくわけです。LED化はビジュアル的にも変化があるカスタムなので満足感を得られやすいという点もあると思います。

取付方法こそ簡単にできる部分ではありますが、ナンバー灯が原因で車検に通らないなどの意外と知られていない部分もあるのでその辺りにも触れたいと思います。

↓その後、車検は無事このまま通りました!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

最新記事:CX-5のディーラー初回車検費用はこれくらいかかる(KE後期型)

最新記事:初心者でも簡単!DIYでルームランプをLED化してみた。

ルームランプも全てLED化したら高級感がすごい!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今回使うLEDの選定基準

これはもう「とにかく安いこと」です。笑

私自身、予算があまり取れなかったこともありますが、ナンバー灯ごときに何千円も払っていられるか!という葛藤もありとにかくお安く済まさせていただきました。

1セット2つ付いて1,000円以下で買う事が出来ます。

CX-5のナンバー灯は2つですので、実験台にしてはこれ以上ないサンプルでしょう。

うん、質感も申し分ありません。

きっと綺麗に輝いてくれることでしょう。

今回は価格ですからね。

色はホワイトを選ばせていただきました。

サイズ?というのか「T10」と呼ばれるカテゴリがナンバー灯には使えるということで、それ以外にもポジションランプなどにも流用できる汎用性の高い製品です。

取付手順

一応、取扱説明書にも電球の交換方法が掲載されています。

まぁ、なんとなく理解はできますが、もう少し詳しく行きます。

マイナスドライバーの先端を保護する

説明書には布と書いてありますが、ゴムテープなどでも全然OKです。

とにかく先端がぶつかって傷が付かないようにします。

ターゲット確認してカバーを外す

このレンズカバーの様なものがカバーです。

この中に電球が隠れています。

すき間にマイナスドライバーを差し込んで内側に力をいれてカバーを外します。

結構簡単に外すことができます。

楽な姿勢で作業する

実際、作業は下向きの作業になるのでやりにくい…

そんなときはこのようにトランクドアを開けるとトランクドアは上に開こうとするので、腰の高さの良きところで抑えながら作業をするととても楽にできます。

電球を抜くのが結構怖い

引っ張って電球を抜くわけですが、握りつぶして割れてしまわないかがとにかく心配でした。笑

慎重にやるとなかなか抜けないし、どのくらい力を入れると割れるのかわからないし(そもそも割れてしまう程の強度なのか)

数分格闘しているとなんとか抜けてくれました。

LEDを差し込む

点灯!

すごい!明るすぎ!

とても直視はできません。

交換途中だとこんな感じです。

キャップはそのままパカッと差し戻して完了になります。

完成図

いい感じに明るくてずいぶんとイメージも変わりますね。

少し高級感が増したと言いますか。

簡単な割にはコスパの良いカスタマイズに大変満足です。

電球とLEDの比較

うん、素晴らしい♪

バックカメラにも変化が…

手前部分がすごく明るい!

というか青っぽい??

カメラを通すと色が変わって見えるのかな…?

本来求める効果ではありませんが、とても視認性は高まりました。

車検に通るのか?

私も全く知らなかったのですが、実際に車検においてナンバー灯(番号灯)の検査基準があるのです。

「道路運送車両法 第36条 番号灯」

一 自動車の後面には、夜間後方二十メートルの距離から自動車登録番号標、臨時運行許可番号標、回送運行許可番号標の数字灯の表示を確認できる灯光の色が白色の番号灯を備えなければならない。

但し、最高速度二十キロメートル毎時未満の軽自動車及び小型特殊車両にあっては、この限りでない。

「20m離れても番号が確認できること」「色が白」などはまぁわかりますよね。

問題は、照度不足や照度範囲不足などと言われると大変困ります。

厳密には、ただ明るいだけではなく均等に明るくなくてはならないなどの細かな検査基準があるようです。

他サイト様より参考記事:ナンバー灯のLED化は、ムラが強いと保安基準を満たせない

今回購入したLEDは一見とても明るく問題ないのですが、ナンバー灯については車検対応品とも書いていないのです。

もちろん、同じまめ電さんからは車検対応品がしっかりとリリースされております。

値段が高いので今回は見合わせました。

予算に余裕がある方はこちらの方をお試しください。

特に問題ないとは思うのですがね…。

これだけ取付も簡単であれば私は車検前だけ、自分で純正の電球に戻すことを選択しますね。

予算に余裕ができたら車検対応品を買ってみたいと思います。

↓その後、車検は無事このまま通りました!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

最新記事:CX-5のディーラー初回車検費用はこれくらいかかる(KE後期型)

最新記事:初心者でも簡単!DIYでルームランプをLED化してみた。

ルームランプも全てLED化したら高級感がすごい!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

新車購入希望者はチェック!

新車でマツダ車を買うなら複数見積をとるのは鉄則です。


このサイトでは、マツダCX-5、CX-3、デミオやアテンザなどすべてのマツダ社を完全網羅!
わざわざディーラーへ行かずとも自宅からオンラインで簡単に見積をゲットできます。

ディーラー各所を回らずとも相場を把握できるのはすごく便利でした。手が届くか届かないかの判断にもスマホで簡単情報収集ができるのでオススメです。

マツダ車の新車見積はこちらから!

中古車購入希望者はチェック!

個人的には一括見積サイトみたいに登録すると各社から電話ガンガン鳴るみたいなのはめんどくさくてイヤなので、中古車狙いなら登録車数の多い、大手ガリバーを軸にピンポイントで探すのが良いです。


こちらも店頭へ行かずとも自宅で中古車探しができるし、こちらは電話ですぐに相場がわかるので予算との照らし合わせには便利でした!
全国規模の中古車在庫から欲しいマツダ車を提案してくれるので情報精度が高いのがGOODです。

マツダ車の中古車探しはこちらから!

▶当ブログの車カテゴリ記事一覧はこちら

『MAZDAの話』