とっても便利!フロントパーキングセンサーの光と影

%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%bc

CX-5をはじめて見たとき率直に思ったのは「車のノーズ長っ!」でした。

乗ってみて更にわかったことですがやっぱりボディーの先端が見えない。

特に前に乗ってたのがミニバンとかだったりすると尚更そう思うのでした。

そんなお悩みを解決してくれるのが純正オプションのパーキングセンサー(フロント)です。

試乗の経験からこのオプションをつけるのに迷いはありませんでした。

(なーに、最初から一回ぶつけたと思えば安いもんですよ(震え声))

ここでは実際にこのオプションをつけてみた感想と極めて限定的ではありますが意外な落とし穴(?)をご紹介したいと思います。

ロングノーズはトレンド

最近ではデミオなどのコンパクトカーでもマツダに限らずどんどんノーズが長いデザインのモデルが増えてきていますよね。

やっぱりノーズが長いとスポーツカーのイメージもあってデザインも引き締まるしかっこいいです。

衝突安全性の観点からもノーズが長い方が衝突する側(車)も衝突される側(人やモノ)にも双方に衝撃軽減になってメリット(衝突自体、あまり良いことではないですが)があります。

また、ノーズを長くすることでフロントガラスに傾斜をつけることができるようになりますので空力が良く、空気抵抗の低減も少なからず走行安定性や燃費に貢献していると思います。

でも、確実に居住空間が犠牲になってるとは思うのですがその辺はトレードオフなんでしょうね。

狙った通りの効果

フロントパーキングセンサーの最大の効果は駐車時に発揮されました。

(まぁ”パーキング”センサーと書いてあるので当たり前なのですが)

特に駐車場に十分なスペースがなく、何度も切り返しが必要な場合、なるべく前方を詰めて切り返した方が切り返しの回数を減らせますからよりスムーズな駐車が可能になります。

前方が見えないと無駄な動きが多くて時間かかるし、やっぱり怖いですよねぶつけそうで。

音の頻度で距離感も教えてくれますから安心感がすごくあります。

マツコネとも連動してビジュアル的にどの部分がぶつかりそうなのか教えてくれますし。

特にCX-5のような車体が大きい車種にはもはや必須のオプションではないでしょうか。(むしろ標準装備でもおかしくない気もします)

お値段以上の価値は絶対あります。

不便なのはコレ

このフロントパーキングセンサー、モノにぶつかりそうになると「ピー!ピー!ピー!」と威勢よく音を鳴らしてくれるのはいいんですが、人間にも反応するんです。

ケース①

車の前なんか人はたくさん通らないだろうと思うでしょ?

確かに車の前を人が横切るなんて横断歩道くらいなものでしょう。

もちろん横断歩道程度では反応しません。

一番、実生活で困るのがコンビニやスーパーでの駐車です。

特にコンビニでは買い物時間が短く、駐車場の構造上もあるのかついついお店に向かって車を前から止めることが多いですよね。

すると人が通りまくりでずっと「ピピピピピピ!!!」って最高うるさいんです。笑

また、店舗周りに立っているのぼりの旗や柵、置いてあるタバコの灰皿ですら脅威です。

(いかなる場合もバックで駐車するなどの対応策もないことはないですが)

ケース②

ケース①の場合は意図すればまぁなんとか対応できますがこれはかなりキツいです!

20160110_195009

フロントパーキングセンサーの天敵はこの雪です。笑

もちろん雪の日すべてがこうなるわけではないです。

雪質などの気象条件にも影響されますが、どうでしょうこれは・・・。

もちろん車内はガンガンで「ピピピピピピピピ!」と大騒ぎでとてもじゃないですがいられないです。

雪国山形でもほとんどこういう雪のつき方はしませんけどね。笑
(1シーズンで一度だけでした)

あくまで可能性の話です。

20160110_194404

これはちゃんとマツコネの方からも注意喚起が発信されますのですぐに気が付きます。

こうなると一度車を停めて雪を払うしか方法ありません。

パーキングセンサーでもフロントでのみ起こりうる現象です。

もちろん車内からもパーキングセンサーのON/OFFスイッチがあるのでこういうときは機能をOFFにするしかないのですが、恐いのはONにし忘れです。

これがとても嫌で私もなるべくこの機能はOFFにしないように心がけています。

実際に、ONへのし忘れで「あれ?センサー鳴らないけどもっと寄せられる?」「あっ、ONになってないじゃん!あぶねー!」っていう経験が何度かあります。

これに慣れちゃってるとこういうことが起きてしまいます。

まとめ

色々書きましたが、結論としては「付けるべき」機能だと思います。

大事な車をぶつけたくないという思いには代えられませんし。

慣れている人には不要なものなのでしょうが、センサー付けてもぶつかるようであればもう諦めつきませんか?笑

writer by @lalamyuuu

新車購入希望者はチェック!

新車でマツダ車を買うなら複数見積をとるのは鉄則です。


このサイトでは、マツダCX-5、CX-3、デミオやアテンザなどすべてのマツダ社を完全網羅!
わざわざディーラーへ行かずとも自宅からオンラインで簡単に見積をゲットできます。

ディーラー各所を回らずとも相場を把握できるのはすごく便利でした。手が届くか届かないかの判断にもスマホで簡単情報収集ができるのでオススメです。

マツダ車の新車見積はこちらから!

中古車購入希望者はチェック!

中古車狙いなら登録車数の多い、大手ガリバーを軸に探すのが良いです。


こちらも店頭へ行かずとも自宅で中古車探しができます。
こちらは電話ですぐに相場がわかるので、予算との照らし合わせには便利でした!
全国規模の中古車在庫から欲しいマツダ車を提案してくれるので情報精度が高いのがGOODです。

マツダ車の中古車探しはこちらから!

▶当ブログの車カテゴリ記事一覧はこちら

『MAZDAの話』